ごあいさつ - 介護事業コンサルティングなら株式会社 オフィス松本

株式会社 オフィス松本

0798-20-0259

Home事業内容ごあいさつ

ごあいさつ

代表挨拶

はじめまして、株式会社 オフィス松本の代表、松本孝一です。

私は、介護事業が今後の社会において地域の「ライフライン(命綱)」になると確信しております。
引いては、地域密着型の介護事業が活性化することにより、その地域がより住みやすい環境を作り上げることになるといっても過言ではありません。

ところが、今の介護業界を取り巻く環境は非常に厳しく、超高齢化を迎えるにあたり介護保険制度の様々な問題点、お客様ニーズの多様化、そして慢性的な人材不足が大きく取り上げられています。

そのような中でも、介護現場で働いている経営者様、職員の皆様は、お客様の「笑顔」を求めて日々の業務を一生懸命こなしておられます。しかし、そのような状況もいつまでも続かず多くの経営者様・職員の皆様が介護業界から去って行かれているのが現状です。

約9年間ではありますが、介護業界に携わり、様々な経験をさせていただきましたが、たくさんの事業所立ち上げ(23事業所)の成功には、必ず職員の皆様の「笑顔」がありました。

いかがでしょう?!

皆様の事業所には、職員の皆様の「笑顔」がございますでしょうか?

難しいコンサルタントは、いりません!介護業界でのコンサルタントは「心」と「心」があり、ほんの少しの「気づき」と「伝え方」で職員の皆様の「笑顔」を引き出すことができます。

経営者の皆様は、日々の業務と運営で頑張っておられ大変なことは、介護現場を経験し、経営をしてきた私だからこそ理解できるのです。

 

お一人で悩まず、ぜひ、皆様との「ご縁」をいただけることを願っております。

代表取締役 松本 孝一

略歴

1987~2003年

阪神電気鉄道株式会社の不動産事業本部に配属。主に不動産仲介業務に携わり数多くのお客様ニーズにお答えする営業活動を展開する。また、阪神間の住宅営業所の所長業務に従事し、数値・労務管理や部下育成のマネジメントを実践し、成果を挙げる。
約16年間の営業活動を通じ、「人と人との繋がり」の大切さを学ぶ

2003~2005年

大手不動産仲介会社(三井のリハウス)にて仲介業務を経験する。
更にたくさんの人との出会いから「ギブandテイク」ではなく「ギブandギブ」を学び、今日までたくさんの人との出会いを大切にしている。

2005~2014年

某株式会社(介護事業者)に入社
初めて介護業界に携わる。デイサービスセンターに配属され、介護職員として送迎・介助・レクリエーションなど経験する。その後、センター長となり、全体の運営を任される。
そして、訪問介護の現場業務並びに居宅介護支援事業の管理業務などを経験して、介護現場の難しさを実感し「介護サービスは究極のサービス業」であると認識する。
事業方針の新規事業展開の陣頭を図り、グループホーム・小規模多機能型居宅介護・サービス付高齢者向け住宅など23の新規事業所立ち上げを約9年間で実施する。
たくさんの職員たちとの出会いがあったからこそ、23事業所の立ち上げができたのであり、職員たちの「笑顔」があったからこそ、たくさんのお客様とも出会えることができた。
ここでの経験や出会いが、今の「理念」となっている。

事業内容はこちら会社概要はこちら

まずはご相談・お問い合わせください。